サッカーくじtoto払戻金最高額、2億5000万円に

 

 

以前から何度か話題になっていた、サッカーくじtoto
英国プレミアリーグにも拡げるという法案が、いよいよ
現実味を帯びてきました。

 

増収分は2020年東京五輪に向けた国立競技場の改築費など
に充てる計画が濃厚です。

 

また、サッカーくじtotoを英国プレミアリーグ
だけでなく、ワールドカップドイツ1部リーグも含める
という話も出ているようです。

 

いよいよ日本で、スポーツベッティングの開始なるか!

 

⇒【記事】totoがワールドカップの試合もくじの対象に!?

 

 

 

これが実現すれば、サッカーの試合に堂々と賭けることが
できるようになるわけですが、個人的に思うのは結局国営か
ということです。

 

スポーツを賭けの対象にするのはよくない!

 

公序良俗に反する!

 

などど、声を荒げていたのが、ここにきて国営ならば
何でもアリっていうスタンスが気になります。

 

まあ、どちらにしろゲーミングというものの追い風になるのは
間違いないので、一歩前進というべきかもしれません。

 

ただし、何を決めるのも遅い日本政府なので、実際に賭ける
ことができるのはいつになるかは未定です。

 

また、どのリーグを扱うかということも政府が決定する
ということなら、役人が選ぶということになるんでしょう。

 

もっとビジネスライクに、自由に、公平にということを思えば
本当は、ウィリアムヒル・スポーツのような民間企業に
運営してもらいたいものです。

 

日本の競馬競輪競艇などもすべて国が関わっているので、
いろんな意味で不透明感がいなめません。

 

結局税収ありきということか・・・

 

ともあれ、今すぐ日本でスポーツベットできるわけではないので、
世界のサッカーリーグや、野球をはじめとするあらゆるスポーツに
今ベッティングできるのはウィリアムヒル・スポーツになります。

 

日本での解禁までに、本場英国のウィリアムヒル・スポーツで、
ベッティングのスキルを磨いておきましょう。

 

⇒ウィリアムヒル・スポーツ 詳細

 

ウィリアムヒル・スポーツは、競馬、競艇、パチンコ、ロトくじ
などと比べて還元率(ペイアウト率)が高いというメリットが
ありますので、勝てる確率も高いと評判のブックメーカーです。

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

 

管理人:BOOKIE@William

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。