凱旋門賞 オルフェーヴル参戦でオッズは?

 

 

10月には競馬ファン注目の凱旋門賞が開催されますね!

 

日本のダービー馬の活躍が楽しみですが、
そんな日本から参戦のオルフェーヴル。。。

 

運動誘発性肺出血での宝塚記念回避や、
フランス到着後に帯同馬に蹴られるなどのアクシデント続きで
心配をしているファンも多いのではないでしょうか?

 

 

ですが、この時期になって、

 

「見事、前哨戦で勝利!!」

 

という、明るい話題が入ってきました!!

 

⇒【記事】凱旋門賞で一番人気!前哨戦で見せた日本馬の圧倒的パフォーマンス!

 

 

また、前哨戦の結果が

 

「世界の競馬ファンの目にも評価されたのか?」

 

凱旋門賞の予想ができるウィリアムヒルでは、
オルフェーヴルが1番人気となっていますので、
今年は、日本馬が念願の勝利をするのでは??

 

と、ついつい期待してしまいますね。

 

世界が注目するビッグイベント「凱旋門賞」

 

大穴にベットして、
ハイリターンを狙っても面白いと思いますし、
日本馬の勝利にベットして、
勝利の瞬間を一緒に喜んでも楽しいと思います。

 

ぜひ、ウィリアムヒルに登録をして、
ビッグイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

⇒【ウィリアムヒル・スポーツ】詳細

ウィリアムヒル・スポーツは、全世界100万人以上のユーザー数を誇る
英国最大のブックメーカーです。スポーツの種類が多いのはもちろんですが、
スポーツの勝ち負け以外の様々な予想の種類(BETの種類)があるのが特徴です。

 

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

 

管理人:BOOKIE@William

 

 

 

 

 

 

 

東京オリンピック開催決定

 

 

 

2020年の東京オリンピック開催が決定しましたね。

 

◇投票の結果◇

【1回目】

東   京   42

イスタンブール 26

マドリード   26

【最下位決定の投票】

イスタンブール 49

マドリード   45

→マドリードが除外に

【決選投票】

東   京   60

イスタンブール 36

 

本当にうれしいです。

 

 

おめでとうございます。

 

2020年のオリンピック開催地については、ブックメーカーでも
注目の的でした。

 

日本時間9月8日に決定する2020年五輪開催地についての賭けで、
海外ブックメーカー(賭け業者)が軒並み東京を1番人気の「本命」
に設定していました。

 

ウィリアムヒル・スポーツでも、東京が1・5~2倍で、ライバルの
イスタンブール、マドリードは4倍前後で推移していました。

 

東京が鉄板ともいえる人気で、残る2都市が後を追う展開となって
いたのですが、フタを開けてみたらブックメーカーの予想通りでした。

 

実は、過去のオリンピック2大会は、ブックメーカーの1番人気が
軒並み落選しているというジンクスがあったのですが、今回はその
ジンクスを破って一番人気の東京が選ばれました。

 

東京は最終的には、1・67倍から1.57倍のオッズ(倍率)
になりましたので、賭けていた人はそれほど大きな利益では
なかったかもしれませんが、確実に利益を手にできたでしょう。

 

今回はオリンピック開催地の予想がウィリアムヒル・スポーツで
行われた事例をお話しましたが、これ以外でも今後は楽しみな
予想が行われます。

 

サッカーのプレミアリーグなどは、ウィリアムヒル・スポーツで
人気がありますが、数か月後に行われるサッカーワールドカップ
もすでに今から盛り上がっているようです。

 

またスポーツ以外の予想も人気が高く、先日話題になっていた
イギリス皇太子(ウィリアム王子)とキャサリン妃の第一子の
出産時に男の子か女の子か
という予想まであったくらいです。

 

ヨーロッパ諸国では、「賭博とか賭け事」というダークな印象は
ないようで、単なる「当てっこゲーム」としての側面が強い
国民的ゲームになっています。

 

日本では、このような歴史がないのでどうしても「丁半賭博」的な
マイナーでグレーなイメージを連想させるのでしょう。

 

とはいうものの、日本のtotoくじなどは完全に「サッカー賭博」
と言えますし、競輪、競馬、競艇もれっきとした「賭博」です。

 

因みにこちらをご覧ください。

 

 

 

こちらは日本国内における「ギャンブル」の市場規模です。

 

パチンコは、国営ではありませんが実際には現金に換金できる
ことが「暗黙の了解」として普通に行われているギャンブルです。

 

上記の金額を足してみると約26兆円ですが、実はこの金額は
となりの韓国の国家予算(2012年度約22兆円)を優に超えている
金額なんです。その他の国も参考にご覧ください。

 

 

日本は「賭博が禁止されている」という法律があるのに、
実はすでに「ギャンブル大国」なのです。

 

だからといってどうこう言うつもりもありませんが、
日本もギャンブル=「悪いもの」というだけのいままでの常識?
は、根拠や信憑性において疑問を感じる管理人です。

 

⇒ウィリアムヒル・スポーツ 紹介ページはこちら

 

 

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

 

管理人:BOOKIE@William

 

 

 

 

 

 

スポーツブックが人気の理由(わけ)

 

 

 

ウィリアムヒル・スポーツをはじめとするスポーツブック(ブックメーカー)
によるスポーツベッティングが人気ですが、それには理由があります。

 

上の画像にある内容が、ウィリアムヒル・スポーツスポーツベッティング
をするプレイヤーが多い理由ですが、もう少し詳しくお話しますので、
よろしければ、あと少しおつきあいください。

 

例えば、日本でスポーツベッティングができるブックメーカー(スポーツブック)
はありませんので、スポーツにベット(賭ける)することはできません。

 

日本では、表向き「賭博、賭け事」は違法とされているからです。

 

ところが、日本でも 競馬や競輪、競艇、オートレースなどに賭けるのは
違法にはなりません。

 

ちょっと不思議かもしれませんが、これらの「スポーツ賭博」については、
日本政府が認可している「スポーツ賭博」になりますので、いうなれば
国が認めている「スポーツベッティング」だということです。

 

「賭博、賭け事」は違法だけれども「国が認可したもののみ例外ですよ」
というある意味都合のいい解釈と言えるかもしれません。

 

つまりヨーロッパの人達は、スポーツベッティングが国の許可の元に
合法的に行われているので、気楽にスポーツ賭博を楽しんでいるのです。

 

日本でいうところのサッカー振興くじや toto、宝くじなどといった
感覚で一般的に浸透しているのと同じなんです。

 

日本で行われている競馬や競輪、競艇、オートレース、サッカー振興くじや 
totoなども世界的に見ればれっきとした「スポーツ賭博」です。

 

では、なぜ日本人には競馬や競輪、競艇などの「スポーツ賭博」があるのに
海外のスポーツベッティングを始める人が多いのでしょうか?

 

その秘密のひとつがこれです。

 

 

 

これは還元率(ペイアウト率)というもので、ギャンブルにおいて
「勝つ可能性の確率」を表すもので、プレイヤーが賭けた掛け金のうち
何%を賞金として還元しているかという割合になります。

 

通常競馬は70%、ロトは40%ぐらいと言われますが、
なんとウィリアムヒル・スポーツのスポーツベッティングでは別格、
約94%となっています。

 

勘違いしてほしくはないのですが、スポーツベッティングをした
すべての人が均等に還元されるという意味ではありません。

 

賭けた人(プレイヤー)全員の掛け金に対する還元率(ペイアウト率)
になりますので、勝つ人、負ける人がいるのですが掛け金の総額から
算出するとウィリアムヒル・スポーツは94%をプレイヤーに還元
しています。

 

つまり、勝てる確率が高いということで人気があるのです。

 

 

 

詳細はウィリアムヒル・スポーツ 紹介ページでご覧ください。

⇒ウィリアムヒル・スポーツ 紹介ページ

 

 

 

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

 

管理人:BOOKIE@William

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィリアムヒル・スポーツ取扱いBET対象

 

 

 

ウィリアムヒル・スポーツは、スポーツと名のつくとおり
様々なスポーツにベット(賭ける)ことができます。

 

メジャーリーグ、欧州サッカー、Jリーグ、テニス、ゴルフ
といった誰でもしっているスポーツはもちろんワールドカップや
オリンピックの各種競技など世界的なビッグイベントまでベット
することが可能です。

 

また単に試合の「勝ち」「負け」を予想するだけでなく、
様々な予想の種類(BETの種類)があります。

 

サッカーにおいては、試合のスコアの予想や、
優勝チームの予想、得点王、昇格、降格などなど・・・

 

メジャーリーグにおいても同様に、
スコア予想やリーグの優勝チーム予想などもあります。

 

宝くじやロト6を購入するように、気軽に楽しむことが出来ます。

 

以下主な取扱いBET対象スポーツになります。

 

詳細はウィリアムヒル・スポーツ 紹介ページでご覧ください。

 

 

⇒ウィリアムヒル・スポーツ 紹介ページ

 

 

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

 

管理人:BOOKIE@William